病気

「低髄液圧症候群」とは?症状や治療法は?あの人気女優も発症していた!?

472835

女優でドラマ「ドクターX」にも出演されていた米倉涼子さん。

彼女がある病に侵されていたことを告白しました。

その病のせいでなんとドクターXへの出演が危ぶまれていたのです。

病名は「低髄液圧症候群」というらしいです。

いったい「低髄液圧症候群」とはどんな病なのか?

「低髄液圧症候群」とは?

それでは「低髄液圧症候群」について詳しく解説していきたいと思います!

まず、髄液のことから説明します。

私が研修医として救急外来の修行中、頭にケガをした患者さんが担ぎ込まれたとき、「もし鼻水が出ていたら、髄液が漏れ出ていると思え」と教わりました。

髄液とは、脳脊髄液という無色透明の液体のことです。

その量は100~150ミリリットル。

半分が脳とその周りに、残り半分が脊髄の部分にあります。

髄液は、脳の内側にある脳室の脈絡叢で1日に700ミリリットルほど作られ、硬膜という容器に満たされています。

脳と脊髄という大切な中枢神経を保持・保護し、神経に必要な成分を補給しています。

硬膜とは、大脳、小脳、脊髄を容れる複雑な形をしたケースです。

頭蓋骨の内側では、脳周辺は丸くて大きく、脳と小脳を包み込み、延髄から脊髄にかけて次第に細くなっていきます。

脊椎部分では、脊椎管の形と中枢神経線維から末梢神経線維に乗り換える神経根の形状に合わせて、仙骨(尾てい骨)の方へ伸びていきます。

硬膜には、たくさんの末梢神経線維の束の通路があります。

その通路から、頭部では脳神経(臭神経、視神経など)、脊髄部分では感覚(知覚)神経と手足の筋肉を動かす運動神経の繊維の束が通信回線のように通っています。

脳脊髄液の還流と各部名称

硬膜は字の通り、厚手の和紙のような硬くて丈夫な皮のような感じです。

しかし、傷つきやすい材質で、交通事故による頭部打撲、むち打ち症、あるいはスポーツ外傷、尻もちをついたなどという外的なショックにより、髄液が漏れ、髄液の量・圧ともに低下して低髄液圧症候群を発症します。

また、手術で腰椎麻酔のため硬膜外に麻酔薬を注射したり、検査目的で髄液を採取したりして、その穿刺部位から髄液が皮下に漏れて、髄液圧が下がり、頭痛、吐き気、めまいなどを起こした経験を持つ方がいると思います。

このような場合は、施術後、数日間安静にしていれば自然に治まります。

本症候群の診療にあたる専門医は、脳神経外科か脊椎・脊髄を専門とする整形外科です。

治療法の基本は安静に過ごすことで、漏出が止まらないときには、硬膜の外側から自己の血液をのりのように用いて、漏れているところを接着します。

治療方法は??

 

時期による治療方法の選択

★急性期(発症1ヶ月以内) 
2週間程度、臥床安静と十分な水分摂取を指示します。

場合によっては点滴を行うこともあります。

★慢性期(発症1ヶ月以降)や臥床安静、水分摂取で改善しないとき。

諸検査、特にRIで髄液の漏出が確認されたときは、

「硬膜外自家血注入療法(ブラッドパッチ)」という”漏れ”を止める治療法を検討します。

硬膜外自家血注入療法(ブラッドパッチ)

★方法
これは、漏出部位の近傍で経皮的に硬膜の外側に入れた穿刺針から自己(患者さん本人の)血液を硬膜の外側に注入し、その血液で硬膜の漏出部位を塞ぐ方法です。

血液(ブラッド)でパッチを当てるといった意味です。平成28年、脳脊髄液減少症に対する治療、ブラッドパッチがようやく保険収載されました。

★治療成績
1回の注入では20%程度で症状が著明に改善すると報告されています。

初回で効果がないときは複数回行うことも少なくありません。

総合的に治療を行った成績では、一年後の時点で、ほとんど完治が2割、かなり改善が5割とあわせて7割くらいが満足できる結果と言われています。

残り3割はほとんど、あるいはまったく改善が得られていません。

★副作用
硬膜外穿刺は、硬膜外麻酔などでしばしば行っている比較的安全な穿刺方法です。

しかし注入部位の疼痛や注入することによる急激な頭蓋内圧の上昇により頭痛、背部痛、腰痛などが起きたり徐脈がみられる場合もあります。たいていは一過性です。

また、脊髄神経や脊髄を圧迫して、錯覚感、しびれ、知覚低下、尿失禁、微熱、嘔気、髄液漏、感染などが生じることもあります。

米倉涼子さんの現在は??

ドラマ撮影に入る前に「ミュージカルやってたんですが、低髄液圧症候群を患いました。

脊髄に傷が入って、髄液が落ちていく。

真っ直ぐに歩けなくなったり、やる気がなくなったりしました」と告白した。

現在は回復したとし「しんみりする話じゃないんです。

いまは元気になったから話せるんです」と語り、「1曲やると無理、ご飯を食べると気持ち悪くなり、このままではドクターXができなくなるかもという状態でした」と明かした。

「同作の監修の先生が脳外科の方で相談し、アドバイスいただいて」と治療し、「なんとか舞台に立てるようになりました。この場でお礼を申し上げます」と感謝を述べた。

治療の過程で「患者に寄り添うことや、的確な判断ってこういうことなんだとも分かった」と振り返り、自分の経験がドラマにいかせるとし「気合い入ってます」と語った。

まとめ

「低髄液圧症候群」に侵されていた米倉涼子さん。

最初はまっすぐ歩けなくなったりやる気がなくなったりといった症状が出ていたみたいですが現在は順調に回復したうえでドラマ「ドクターX」の撮影に臨んでいたことが明らかになりました。

これからの活躍にも大いに期待したいですね^^