ぐるナイ

俳優、ゴチメンバーの大杉漣さん急死。午前3時53分突然の訃報。

徳島県小松島市出身の俳優、タレントでもある大杉漣さんが21日午前3時53分に急性心不全のため死去したという。享年66歳。明治大学を中退後1974年転形劇団に入団する。80年に高橋監督作品「緊縛いけにえ」で映画デビュー。その後も映画ドラマなどさまざまな作品に出演し最近ではバラエティ番組にでも活躍の幅を広げていた。故郷をホームとするサッカーJ2リーグ徳島ヴォルティスの熱狂的なサポーターとしても知られている。


ぐるナイゴチ関係者も突然の訃報に困惑。

ぐるナイゴチメンバーとしてレギュラー出演をしていた大杉漣さん。二週連続でピタリ賞をだし話題となっていた。22日の2時間スペシャルは予定通り放送することになっている。関係者も大杉漣さんの突然の訃報に驚きを隠せないでいる。

撮影後に体調不良で緊急搬送!?

テレビ東京によると大杉漣さんは20日に行われた同局ドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」の撮影に参加する。撮影後宿泊先に戻り食事をとっていたところ腹痛を訴えて共演者の松重豊や関係者らに付き添われ緊急病院へ。21日午前3時53分にテレビ東京関係者、同ドラマ共演者、そして家族に見守られながら最期を迎えた。

共演者も大杉漣さんの訃報に追悼コメント。

共演する遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、松重豊さん、光石研さんは連名で「あまりにも突然のことで、まだ現実を受け入れられないでいます。ドラマのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。永遠に我々の目標であり、あこがれでもある漣さんを心から誇りに思います」と悼んだ。